【河津桜×菜の花!絶景伊豆ひとり写真旅】ふたつの河津桜まつりを楽しもう!

写真

毎年2月上旬から開花し始め、約1か月を経て満開になる早咲きの「河津桜」

「河津桜×菜の花」のコラボが見られるスポットとして、伊豆は河津町の【河津桜まつり】があまりにも有名ですが、南伊豆町でも河津桜と菜の花のコラボが楽しめる【みなみの桜と菜の花まつり】が開催されます。

今回はこのふたつの桜まつりでカメラ散歩してきましたので、写真とともにレポートしたいと思います!

使用機材
  • カメラ FUJIFILM X-T5
  • レンズ TAMROM 18-300mm F3.5-6.3

【河津町】河津桜まつりでカメラ散歩

朝10時頃に河津に到着する踊り子号に乗車。
東京からだと約2時間半。

準備をのんびりしていたら踊り子号の予約をすっかり忘れており、前日に慌てて予約。
かろうじて取れたものの、当日は満席だったのでこの時期は早めに予約することをおすすめします!

熱海から河津まで普通列車で行くとなると1時間半かかるので、混雑する時期は座れる保証がないですし、絶対に踊り子利用がいいと思います!!

同じ車両のほとんどの人が河津で下車しました…。

駅の改札は人でごった返しており、コインロッカーに荷物を入れたいけど空いてるかな…
と不安になりましたが、かなりの数のコインロッカーがあり、結構余裕で空きがありました!

ちなみに両替機もありましたよ。

河津駅の駅前から「河津桜×菜の花」のコラボを楽しむことができます!

河津桜まつり公式サイト◆河津桜まつりトップページ
河津桜まつり公式サイトです。河津桜の話題が中心。開花情報もチェック!

お天気が心配でしたが、うれしいことに日が差してきてくれてすでにぽかぽか春の陽気!

テンション上がる~!写真!写真!と思ったのですが、なにやらいい匂いが漂っています…

朝早かったし、お腹が空いてたのでとりあえず腹ごしらえしました( *´艸`)
串焼きも食べればよかった…。

さあ!写真!写真!

わー!きれいだよ~!!

青空になってくれて、光もいい感じ!
駅前から足止めをくらってしまいますが、桜のトンネルを撮りたいので移動します。

駅前から川沿いに出て、菜の花ロードを歩いて下の地図の水色のマルの辺り、峰温泉近くの桜トンネルを目指そうと思います。

河津桜まつり公式サイトより引用

川沿いに出てすぐの高架付近で、カメラを手に何やら待機してるようすの人達…。

「撮り鉄さん?!電車来るってことですね!」と察したわたしは、さりげなく混ざってみることに 笑

カメラは被写体検出AF設定を「電車」にし、手前の桜も入る画角にして置きピンで待機。

すると電車の音が聞こえてきて赤い車両が見えて来ました!

リゾート21

おおっー!!鉄道写真楽しいかも!!

「来たー!」っていうワクワク感と、わずかにしかないタイミングをいかに捉えるかという緊張感でドキドキする感じ…

クセになりそう…

菜の花ロードを上流に向かって歩きます。
出店が立ち並び、お祭り気分が高まります!

みかんジュースや桜鯛焼きは人気のようで、すでに並んでる。

笹原公園には「足湯処」がありましたが、コロナ対策なのかお湯は抜かれていました。

「来宮橋」で対岸に渡ります。

来宮橋の上から

絶景~!!

この規模の桜並木やはり圧巻ですね。
混んでいましたが、この景色を見て「来てよかった~!」と思いました!

対岸に渡ると「峰温泉」です。

河津駅辺りから歩くと20~25分くらいと離れているので「峰温泉辺りはわりと空いている」という事前情報があったのですが、全然混雑してました 笑

桜トンネルで人が少なくなったタイミングで撮影成功!

このあと、南伊豆へ移動予定で河津をお昼には出発したかったので、この辺でUターンして戻ることにしました。

今度は「豊泉橋」を渡り対岸へ。

豊線橋の上から

奥に見える朱色の橋が「かわづいでゆ橋」だと思います。

「お花見ウォーキングコース」はすごい人!!

たしかに、峰温泉側のほうが粘れば人が少なくなるタイミングはあるので空いているのかもしれない…。

すごい混雑でなかなか前に進めず、乗りたい電車に間に合うかハラハラしましたが、なんとかギリギリ間に合いました!

駅に着くころには曇り空に…
電車で下田へ向かいます!

【南伊豆町・下賀茂温泉】みなみの桜と菜の花まつり

伊豆急下田駅で下車。

河津でお昼をとるタイミングを逃したので、駅前の「下田時計台フロント」で腹ごしらえ。

伊豆らしい金目鯛メニューもあり、カフェメニューもありました。

お食事 of 下田時計台ふろんと
伊豆急下田駅前の時計台が目印のお土産屋。旅の最後をしめくくるお土産屋。フロントに寄ったら笑顔になって帰っていただきたい。そんな思いでみなさまをお迎えしています。

アクセス

下田駅からはバスで移動します。

みなみの桜と菜の花まつり開催期間は、土日祝日に臨時便が出ていました。

南伊豆町観光協会HPより引用

3番乗り場 「下賀茂行き」に乗車

みなみの桜と菜の花まつりのメイン会場は
九条橋で下車しますが、
その前に日野(ひんの)の菜の花畑に立ち寄るのもおすすめ!

今回わたしは立ち寄らなかったので写真がありませんが、菜の花畑のようすが分かりやすい記事がありましたので貼り付けておきます!

3万平方メートルの黄色のじゅうたん 伊豆半島最南端の南伊豆町は花盛り。 休暇村南伊豆、日野(ひんの)の「元気な百姓達の菜の花畑」へご案内
一般財団法人休暇村協会のプレスリリース(2022年3月9日 11時37分)3万平方メートルの黄色のじゅうたん 伊豆半島最南端の南伊豆町は花盛り。 休暇村南伊豆、日野(ひんの)の「元気な百姓達の菜の花畑」へご案内

この菜の花畑に行きたい場合は日野(ひんの)というバス停で下車すると目の前です!

わたしは九条橋で下車。
下田駅からは約20分くらいでした!

青野川沿いの桜並木をカメラ散歩

バス停からすぐのところにある「花のおもてなし 南楽」がこの日の宿。

チャックインまでは時間があるので、とりあえず荷物を預けてカメラを持って散策です!

みなみの桜と菜の花まつり | 南伊豆町観光協会
南伊豆町観光協会HPより引用
来の宮橋辺りから

青野川沿いに立ち並ぶ桜並木は、河津に負けない素晴らしさです!

河津より人が少なくて、写真を撮るなら俄然こちらの方がおすすめです!

しかし出店は河津のほうが圧倒的に多いので、お祭り気分を満喫したいなら河津のほうが楽しいと思います。

「ひとり旅なら南伊豆だな。来年はこっちだけでもいいかも…」
と考えていたわたし。

河津にはいなかった人力車。
絵になって良い。

2月なのでまだ日が傾くのが早いです。
夕方感もいい感じ。

「湯けむり×桜」は温泉地らしくていいですね。

写真を撮っていたら、突然猫さんたちがケンカしながら飛び出してきてびっくり!Σ(゚Д゚)

ピリついてるところ撮らせてもらいました。

夜にはライトアップも楽しむことができますが、行ってみたら思いのほか暗いし人がチラホラしかいないしで、1人だと怖くなってしまいすぐに宿に戻りました 笑

手持ちでなんとか撮った一枚 笑

会場の目の前に宿泊して、早朝の人があまりいない時間に写真を撮るのも目的の一つでしたが、あいにく翌朝は曇天…

でもせっかくなので曇りの河津桜です。

なんだかしっとりしていて、これもいいかも。

河津桜はピンクが濃いから曇りでもまあまあいけますね。

朝の散歩は気持ちよかったです。

最後に

なんとか1日目は晴れてくれて、楽しく写真を撮ることができて満足しました!

2日目は曇天だったうえに、踊り子号がお昼の時間しか空きがなかった(これも前日に予約 笑)ので11時のチェックアウトまで宿でのんびり。

出発時間まで1時間半くらいあったので「ペリーロード」へ散策しに行きました。

柳の葉がカスカスの時期で 笑
思っていたのと違う感じでしたが、レトロな建物が立ち並ぶ素敵な場所だったのでまた柳が青々とした時期に訪れたいと思いました!

帰りに「平井製菓」に立ち寄り、あんぱんを食べながら帰宅。
とくに「ハリスさんの牛乳あんぱん」がおすすめです!

下田あんぱんと和風ロールの平井製菓[公式サイト]
平井製菓は開国の町「下田」に昭和二十三年に創業。銘菓天城路・下田文庫をはじめ、歴史の町にふさわしい数々の銘菓に父祖相伝七十年余の味を守り続けています。口コミで人気の下田あんパン・牛乳あんパン・和風ロールケーキも販売しております。

最後までご覧いただきありがとうございます!
また遊びに来てください(´▽`*)

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ